前へ
次へ

沖縄での結婚式場による結婚式は、他県と違う

都心の中でも、大ホールを備えた結婚式場は、いくつか存在しますが、沖縄では、割と多く大ホールを備えた式場が存在します。
その主な理由は、他の県と比べると、地元で生活に根を下ろす人も多く、親戚や友人が多くいるためです。
招待客の数は、200人以上集まるのが沖縄では一般的であり、中には、300人以上集まる大ホールも存在します。
ただし、近年は、他県の人々がリゾート地である、沖縄で結婚されたい需要も高まっており、小さな結婚式場の数も増えている傾向にあります。
沖縄は、美しい海のみならず、豊かな自然も数多く残されています。
その景色と調和をする様な結婚式場は、強く思い出に残る結婚式になるでしょう。
初めて他県の人が、沖縄の人の結婚式に足を運ばれる場合、驚かれることもあるかもしれません。
一般的には、乾杯の音頭をとってから、そこからお酒を飲み始めるのが普通です。
ただし、沖縄では、席についてから直ぐにお酒を飲むのが常識化しています。
沖縄の余興は、大ホールの大舞台で行われるのです。
その姿は、学校の体育館の舞台で、余興を行う姿と同じです。
そのため、他県の方が、余興を考えている場合、予めこの事にについて押さえておいた方が良いでしょう。
現在は、インターネットの環境もあり、結婚式場の情報も容易に手に入れるはずです。

Page Top